プレミアリーグってどんなリーグ?【放送・配信についても紹介】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ぴりおだ(@perilog00)です。

サッカーにおいて、世界の最高峰に位置するのはヨーロッパ

全世界から、有力な選手が集まります。

日本人選手も、代表クラスの選手はほとんどがヨーロッパ組ですよね。

そのヨーロッパの中でも、特にレベルが高いのが次の4つのリーグ。

欧州4大リーグ

今回は、このヨーロッパ4大リーグの中でも、ラ・リーガと並んで最上位に位置するプレミアリーグ(イングランド)について紹介します。

4大リーグにリーグアン(フランス)を追加して、欧州5大リーグと呼ぶこともあります。

目次

プレミアリーグ(イングランド)とは

プレミアリーグ(イングランド)とは、イングランド1部リーグのことです。

Jリーグでいうところの、J1リーグに相当します。

注意が必要なのは、「イギリス」ではなく「イングランド」の1部リーグであるというところです。

プレミアリーグは、「イギリスの1部リーグ」ではないのですね。

「イギリス」ではなく「イングランド」のサッカーリーグ

ここで少し地理の話になりますが、イギリスは、ご存じの通り次の4つの地域からなっています。

イギリスの4地域
  • イングランド
  • ウェールズ
  • スコットランド
  • 北アイルランド

そしてサッカーの世界では、この4つの地域がそれぞれのサッカー協会とリーグを持っています。

「イギリス」の1部リーグ

地域リーグ
イングランドプレミアリーグ
ウェールズウェルシュ・プレミアリーグ
スコットランドスコティッシュ・プレミアシップ
北アイルランドNIFLプレミアシップ

「プレミアリーグは、イギリスの1部リーグではない」と、先ほどご紹介しました。

正確には、「イギリスの1部リーグの1つ」ではあります。

しかしながら、イギリス全体の1部リーグ、というわけではありません。

あくまで、イギリスの一地域である「イングランドの1部リーグ」になります。

イングランド以外の地域からの参加クラブもある

プレミアリーグは、イングランドの1部リーグです。

しかしながら、参加資格があるのはイングランドのクラブだけではありません。

実際、過去には次の2クラブがイングランド以外からプレミアリーグの参加経験があります。

  • カーディフ・シティFC
  • スウォンジー・シティAFC

この2クラブは、ウェールズに本拠地を置くクラブです。

しかしながらイングランドのサッカーリーグに参加しており、2010年代にはプレミアリーグへの昇格も果たしました。

その後、降格してしまったので、2021-22シーズンは、両クラブとも2部リーグに相当するEFLチャンピオンシップで戦っていますが、再び昇格してプレミアリーグで戦う可能性は十分あります。

プレミアリーグの大会方式

参加クラブは20

プレミアリーグの定員は、20クラブ

J1リーグが18クラブ(2021シーズンのみ、コロナ禍の特例で20)ですから、少し多く見えるかもしれませんが、他のヨーロッパ4大リーグの国々と比較すると、特別多いというわけでもありません。

  • スペイン:20
  • ドイツ :18
  • イタリア:20

ドイツ(ブンデスリーガ)以外は20クラブですから、むしろ多数派ですね。

開催時期

プレミアリーグは、いわゆる秋春制が採用されています。

秋春制というのは、秋にシーズンが始まって春に終わる、という開催方式で、具体的な開催期間は、

8月から翌年の5月

となります(8月は秋じゃなくて、真夏ですけどね)。

シーズンの表記が、「2021-22」のように年をまたいだ形になるのはこのためです。

なお、この秋春制、ヨーロッパでは一般的で、他のヨーロッパ4大リーグも同じ方式が採用されています。

一方、Jリーグで採用されているのは、これとは違う「春秋制」。

「2月末~3月に開幕して、12月に終了」という開催期間なので、年またぎは発生しません。

プレミアリーグの昇格と降格

イングランドのサッカーリーグは、次のような階層構造になっています。

プレミアリーグは、最上位リーグ。このため、プレミアリーグからの昇格というものは存在しません。

一方、プレミアリーグから、EFLチャンピオンシップ(2部相当)への降格は存在します。

降格枠は3

すなわち、

シーズン終了時点の下位3クラブ(18~20位)

が、EFLチャンピオンシップに降格することになります。

EFLとは、イングリッシュ・フットボールリーグのことです。

EFLとプレミアリーグは、本来は別のサッカーリーグで、元々イングランドのサッカーリーグと言えば、EFLのことでした。

ところが、1992年にEFL1部(当時の名称はEFLディビジョン1)に所属していた全クラブがEFLから離脱

新しいリーグを、創設しました。

このとき誕生したのが、プレミアリーグです。

この結果、プレミアリーグがイングランドにおける1部リーグとなり、それまで1部リーグだったEFLディビジョン1(現在のEFLチャンピオンシップ)以下のリーグが、1つずつ繰り下がることになりました。

違うリーグなのに、プレミアリーグとEFLチャンピオンシップの間で昇格・降格があるのは、両リーグ間で合意があるためです。

ヨーロッパの大会への出場

シーズン終了時点での順位が1位から4位までのプレミアリーグのクラブには、

UEFAチャンピオンズリーグ本大会の出場権

が与えられます。

なお、UEFAチャンピオンズリーグ本大会の出場枠4は、スペイン、ドイツ、イタリア(つまり、他の4大リーグの国々)と並んで最多です。

また、5位のクラブには、

UEFAヨーロッパリーグ本大会の出場権

が与えられます。

UEFAヨーロッパリーグ出場権は、プレミアリーグ5位の他にFAカップ優勝チームにも与えられます。

プレミアリーグの外国人枠

プレミアリーグに、外国人枠は存在しません。

ただ、では誰でも自由に出場できるのかというと、そういうわけではなく、

  1. ホーム・グロウン・ルール
  2. 労働許可証

という2つの制限が存在しています。

ホーム・グロウン・ルール

ホーム・グロウン・ルールとは、簡単に言うと、

国内で育成した選手を、一定人数以上チームに加えなさい

というルールのことです。

ここでいう国内とは

  • イングランド
  • ウェールズ

どちらかのことで、この2地域で育成された選手であれば、国籍は問われません。

労働許可証

もう1つの制限である労働許可証は、プレミアリーグの規定ではなく、イギリスの法律による制限です。

イギリスで働く外国人(EUもしくはEFTA加盟国以外の国籍を持つ者)は、この労働許可証を取得することが定められています。

この法律についてはサッカー選手も同様で、労働許可証が取得できない限り、プレミアリーグの試合に出場することはできません。

プレミアリーグの特徴

プレミアリーグには、他のヨーロッパ4大リーグと比較して、クラブの力が拮抗しているという特徴があります。

プレミアリーグ以外の3つのリーグは、1強もしくは2強状態で、優勝するクラブがほぼ限られてしまっているのですね。

2010年から2021年の間に優勝経験のあるクラブを見てみると、その傾向はよくわかります。

スペイン(ラ・リーガ)

クラブ優勝回数
バルセロナ6回
レアル・マドリード3回
アトレティコ・マドリード2回

スペインで2010年代に優勝経験があるクラブは3つですが、事実上バルセロナ、レアルマドリードの2強状態です。

ただ、対抗がある分、スペインはまだいい方で、ドイツとイタリアは、それすらほぼありません。

ドイツ(ブンデスリーガ)

クラブ優勝回数
バイエルン・ミュンヘン9回
ボルシア・ドルトムント2回

イタリア(セリエA)

クラブ優勝回数
ユヴェントス9回
ACミラン1回
インテル・ミラノ1回

ドイツは、バイエルン・ミュンヘン、イタリアはユヴェントスの1強状態

バイエルンは2012-13シーズンか9連覇、ユヴェントスは2011-12シーズンから9連覇しています(2021-22シーズンは、インテルが優勝)。

このように、イングランド以外の4大リーグでは、優勝するクラブがほぼ限られてしまっています

しかし、同じ欧州4大リーグでもイングランド(プレミアリーグ)は少し事情が異なります。

イングランド(プレミアリーグ)

クラブ優勝回数
マンチェスター・シティ5回
マンチェスター・ユナイテッド2回
チェルシー2回
レスター1回
リヴァプール1回

上記の通りで、5クラブに優勝経験があります。

マンチェスター・シティが5回とやや多めではあるものの、マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーも2回ずつ優勝していますので、シティだけが飛び抜けている、というほどではありません。

また、プレミアリーグには「ビッグ6」と呼ばれる6つの強豪クラブがあるのですが、そこに当てはまらないレスターにも優勝経験があります。

プレミアリーグ「ビッグ6」
  1. リバプール
  2. マンチェスター・シティ
  3. マンチェスター・ユナイテッド
  4. チェルシー
  5. トッテナム・ホットスパー
  6. アーセナル

プレミアリーグはそれだけクラブの力が拮抗しており、強豪クラブでも容易に勝てるリーグではないのです。

しかし、裏を返すとそれは、観戦する側に、

  • 見ごたえのある試合が多い
  • どこが優勝するかわからない

という楽しみを与えてくれるリーグである、ということでもあります。

「ヨーロッパ4大リーグに興味があって、どれか1つを見てみたいんだけど」

と悩んだときには、

プレミアリーグ(イングランド)がおすすめ

です。

プレミアリーグの放送・配信

プレミアリーグ(イングランド)は、

DAZNで全試合独占配信

しています。

中継はもちろんLIVEですが、「見逃し配信」にも対応しているので、1週間程度であれば後から観戦することもできます。

DAZN以外(地上波やBS・CS)での試合中継はありません。

プレミアリーグを見たいなら、DAZN一択ということになります。

\ 初回1ヶ月無料! /

まとめ:プレミアリーグとは

本記事では、ヨーロッパ4大リーグの1つであるプレミアリーグについて、紹介しました。

プレミアリーグは、イングランドの1部リーグです。

参加クラブは20。毎年下位3クラブが、2部リーグであるEFLチャンピオンシップに降格します。

クラブ間の力が他の4大リーグと比較して拮抗しているのが特徴で、強豪クラブが6つも存在しています(ビッグ6)。

その上、2010年代には、そのビッグ6以外のクラブの優勝もありました。

クラブ間の力が拮抗しているということは、見ごたえのある対戦カードが多い、ということでもあります。

また、どこが優勝するかわからないという楽しみもあるので、欧州4大リーグのどれかを観戦したい、と考えている場合は、プレミアリーグがおすすめ

プレミアリーグ中継を見るには、独占放映権を持っているDAZNとの契約が必要になります。

今回は、以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

\ 初回1ヶ月無料! /

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる