J2降格経験のないオリジナル10は存在する?【Jリーグ】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ぴりおだ(@perilog00)です。

Jリーグが始まって25年以上経つけど、J2に降格したことのないクラブってあるんだっけ?

今回は、こんな疑問にお答えします。

この記事からわかること
  • Jリーグのオリジナル10とは
  • J2降格経験のないオリジナル10
  • J2、J3のオリジナル〇〇

詳しく、ご紹介していきます。

目次

Jリーグのオリジナル10とは

Jリーグのオリジナル10とは

1992年のJリーグ発足時に加盟した10クラブ

のことを言います。

Jリーグ初年度(1993年)の参加クラブ、と言い換えてもいいかもしれません。

具体的には、以下の10クラブです。

Jリーグ「オリジナル10」
  1. ヴェルディ川崎
  2. 鹿島アントラーズ
  3. 清水エスパルス
  4. 横浜マリノス
  5. サンフレッチェ広島
  6. 横浜フリューゲルス
  7. ガンバ大阪
  8. ジェフユナイテッド市原
  9. 名古屋グランパスエイト
  10. 浦和レッドダイヤモンズ

現存しない「オリジナル10」もある

オリジナル10のうち、現在も存在しているのは9クラブです。

横浜フリューゲルスは親会社の不振により、1998シーズンを最後に横浜マリノスと合併消滅してしまいました。

このとき横浜マリノスは、横浜F・マリノスとクラブ名が変わっています。

名前が変わったクラブは他にも

この他、ヴェルディ川崎、ジェフユナイテッド市原も、現在ではそれぞれ

  • 東京ヴェルディ1969
  • ジェフユナイテッド市原・千葉

とクラブ名が変わっています。

「JSL1部=オリジナル10」ではない

Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)の前身は、JSL(日本サッカーリーグ)。

JSLは2部制で実施されていましたが、JSL1部に属していたクラブがそのままオリジナル10になったわけではありません。

JSL1部でオリジナル10に入らなかったクラブもありますし、反対にJSL1部以外のクラブから、オリジナル10になったクラブもあります。

JSLの最終シーズン(1991-92)に、JSL1部に所属していたクラブは次の通り。

1991-92のJSL1部参加クラブ
  1. 読売クラブ(V川崎)
  2. 日産自動車(横浜M)
  3. ヤマハ発動機
  4. 東芝
  5. 松下電器(G大阪)
  6. マツダ(広島)
  7. JR古河(市原)
  8. 全日空クラブ(横浜F)
  9. 日立製作所
  10. 本田技研
  11. 三菱自動車(浦和)
  12. トヨタ自動車(名古屋)

このうち、オリジナル10となったのは太字の8クラブ

残りの4クラブのうち、

  • ヤマハ(磐田の前身)
  • 東芝(札幌の前身)
  • 日立(柏の前身)

は後からJリーグに加盟し、本田技研だけは今もアマチュアで活動を続けています。

また、オリジナル10の残りの2クラブのうち、鹿島(正確には、前身の住友金属)はJSL2部、清水(前身の清水市民クラブ)は、4部に相当する静岡県リーグの所属でした。

J2降格経験のないオリジナル10

J2降格経験のないオリジナル10は、

  • 鹿島アントラーズ
  • 横浜F・マリノス

の2クラブです。

この2クラブ以外は、最低1度はJ2に降格しています。

鹿島が最もJ2に近づいた年は?

鹿島が最もJ2に近づいた年は、2012年

最終順位は、11位でした。

最もJ2に近づいたのが11位? まだ十分余裕あると思うけど

確かに、J2降格に関係してくるのは16位以下ですからね。

11位だと、ちっともJ2に近いとは思えないかもしれません。

しかしながら鹿島の場合は、このときが最もJ2に近い年です。

というのも、鹿島が二桁順位でシーズンを終えたのは、この2012年だけだからです。

要は、Jリーグ開幕以来、鹿島がJ2降格の危機に陥ったことは1度もないということですね。

裏を返せば、Jリーグ開幕以来、鹿島がJ2降格の危機に陥ったことは1度もないということになります。

さすがに「常勝軍団」と言われるだけのことはありますね。

横浜FMが最もJ2に近づいた年は?

横浜F・マリノスは、鹿島よりもう少しJ2に近づいたことが多いです。

最終順位が二桁になったのは、次の4回。

  1. 2001年:13位
  2. 2009年:10位
  3. 2016年:10位
  4. 2018年:12位

このうち、最もJ2に近づいた年は、2001年の13位でした。

このときのJ1リーグは、現在より2クラブ少ない16クラブで行われており、15位以下が自動降格になっていました。

15位のクラブとの勝ち点差はわずかに3でしたから、かなり危ない年だった、と言えます。

J2降格経験のあるオリジナル10

現存するオリジナル10の9クラブのうち、鹿島と横浜FM以外の7クラブは1度以上のJ2降格経験があります。

クラブJ2で戦った年
浦和2000
広島2003、2008
東京V2006-2007、2009-
千葉2010-
G大阪2013
清水2016
名古屋2017

ほとんどが1年でJ1に返り咲いている

オリジナル10で1番最初にJ2降格の憂き目にあったのは、浦和レッズです。

Jリーグに降格制度が導入された1999年に、さっそくJ2に降格してしまいました(1999年に降格して、2000年をJ2で戦っています)。

ただし、浦和は1年でJ1に返り咲いています。

これは、降格経験のある他の多くのクラブも同じ。

J2降格を経験したオリジナル10のクラブで、1年でJ1に戻ってこれなかったのは、

  • 東京V
  • 千葉

の2クラブだけとなっています。

複数回のJ2降格経験があるオリジナル10

J2降格経験のあるオリジナル10のうち、2回以上降格したことがあるのは次の2クラブ。

2回以上降格経験のあるオリジナル10
  • 広島
  • 東京V

どちらもJ1優勝経験のあるクラブ、というのが、何とも皮肉なところです(広島の優勝は、2度目のJ2降格の後ですが)。

ただ、広島は2度とも1年でJ1に返り咲いています。

一方、東京Vはというと、1度目の降格時は2年かけてJ1に復帰。

そして2度目に降格してからは、10年以上が過ぎた現在に至ってもJ1に戻ってくることができないままとなっています。

J2在籍期間の長いオリジナル10のクラブ

基本的に、降格しても1年でJ1復帰することが多いオリジナル10のクラブですが、復帰に失敗すると長いです。

1年でのJ1昇格に失敗したのは、先ほどもご紹介した次の2クラブ

  1. 東京V
  2. 千葉

通算でのJ2在籍年数は、ともに10年を超えています。

クラブJ2で戦った年
東京V2006-2007、2009-
千葉2010-

ここまで長くなってしまうと、

この2クラブがJ1で戦っているの、見たことないな

という方もいるかもしれません。

東京Vは、初年度のJリーグ王者なんですけどね……

J3降格経験のあるオリジナル10は存在する?

【Jリーグ】昇格・降格の仕組みを徹底解説。順位以外の条件もある?」という記事でも紹介していますが、JリーグにはJ1とJ2の他に、J2とJ3の間でも毎年クラブの入れ替えが発生します。

これがいわゆるJリーグの昇格と降格なのですが、このルールだとJ1からJ2を経由して、J3まで降格するというケースも存在することになります。

当然、オリジナル10のクラブがJ3まで降格する可能性も存在します。

ですが、実際にJ3まで降格したオリジナル10のクラブは存在しません。

J1経験クラブでJ3まで降格したことがあるクラブは、これまでのところ大分トリニータだけとなっています。

J2歴が長い東京Vと千葉も、さすがにJ3に降格するような事態には陥っていません。

J2、J3にもオリジナル〇〇は存在する?

J2の「オリジナル10」

J2リーグの初年度(1999年)参加は、10クラブ。

したがって、J2も「オリジナル10」になります。

具体的なクラブ名は、次の通り。

J2の「オリジナル10」
  1. コンサドーレ札幌
  2. ベガルタ仙台
  3. モンテディオ山形
  4. 大宮アルディージャ
  5. FC東京
  6. 川崎フロンターレ
  7. ヴァンフォーレ甲府
  8. アルビレックス新潟
  9. サガン鳥栖
  10. 大分トリニータ

このうちコンサドーレ札幌は、J2リーグ開始前の1998年にJ1リーグ(Jリーグ)の経験があります。

1999年の札幌がJ2参加となったのは、J2発足前に行われたJ1参入決定戦の結果によるものでした。

簡単に言うとJ1(Jリーグ)から降格する形で、J2オリジナル10となっています。

なお、実際にはこれらのクラブが「J2のオリジナル10」と呼ばれるケースは、ほとんどありません。

J3のオリジナル12

2014年にスタートしたJ3リーグ。初年度の参加クラブは12でした。

したがって、J3ではオリジナル10ではなく、オリジナル12ということになります。

具体的なクラブ名は、次の通り。

J3の「オリジナル10」
  1. グルージャ盛岡
  2. ブラウブリッツ秋田
  3. 福島ユナイ
  4. テッドFC
  5. FC町田ゼルビア
  6. Y.S.C.C.横浜
  7. SC相模原
  8. AC長野パルセイロ
  9. ツエーゲン金沢
  10. 藤枝MYFC
  11. ガイナーレ鳥取
  12. FC琉球
  13. Jリーグ・アンダー22選抜

このうち、FC町田ゼルビアとガイナーレ鳥取には、既にJ2リーグで戦った経験がありました。

また、「Jリーグ・アンダー22選抜」は若手の育成を目的とした文字通りの「選抜チーム」で、純粋な意味でのクラブとは少し違っています。

その意味で、J3の場合はオリジナル12よりも、オリジナル11と言った方が正しいのかもしれません。

(なお、「Jリーグ・アンダー22選抜」は2015年をもって活動を終了しています。)

こちらもJ2同様、実際にこれらのクラブが「J3のオリジナル12(11)」と呼ばれるケースは、ほとんどありません。

Jリーグの「オリジナル10」:まとめ

「オリジナル10」は、Jリーグ発足時から参加している10クラブです。

ただ、だからと言って特別なことは何もありません。

7割のクラブがJ2降格を経験していますし、J1リーグの優勝経験があるのはオリジナル10のみ、みたいな優位性があるわけでもないですからね。

今となっては、単にリーグへの加盟(参加)が早かったという、歴史的事実に過ぎません。

知識として、知っておいて損はないと思いますが。

今回は、以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる