ルヴァンカップの歴代優勝チームと歴史を紹介【Jリーグカップ】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ぴりおだ(@perilog00)です。

今回は、

  1. ルヴァンカップの歴代優勝チーム
  2. ルヴァンカップの歴史

について、紹介します。

ルヴァンカップは、Jリーグカップと呼ばれることもあります。

目次

ルヴァンカップの歴代優勝チーム

ルヴァンカップの歴代優勝チームは、次の通りとなっています。

ルヴァンカップの歴代優勝チーム
  • 1992年:ヴェルディ川崎
  • 1993年:ヴェルディ川崎
  • 1994年:ヴェルディ川崎
  • 1995年:開催されず
  • 1996年:清水エスパルス
  • 1997年:鹿島アントラーズ
  • 1998年:ジュビロ磐田
  • 1999年:柏レイソル
  • 2000年:鹿島アントラーズ
  • 2001年:横浜F・マリノス
  • 2002年:鹿島アントラーズ
  • 2003年:浦和レッズ
  • 2004年:FC東京
  • 2005年:ジェフ千葉
  • 2006年:ジェフ千葉
  • 2007年:ガンバ大阪
  • 2008年:大分トリニータ
  • 2009年:FC東京
  • 2010年:ジュビロ磐田
  • 2011年:鹿島アントラーズ
  • 2012年:鹿島アントラーズ
  • 2013年:柏レイソル
  • 2014年:ガンバ大阪
  • 2015年:鹿島アントラーズ
  • 2016年:浦和レッズ
  • 2017年:セレッソ大阪
  • 2018年:湘南ベルマーレ
  • 2019年:川崎フロンターレ
  • 2020年:FC東京

ヴェルディ川崎は、現在の東京ヴェルディ1969です。

J2暮らしが長くなり、近年は大会に参加すらできていませんが、ルヴァンカップ(当時はナビスコカップという名称でした)で唯一3連覇を果たしているチームだったりします。

2連覇だと、千葉(2005、06)や鹿島(2011、12)に達成経験があります。

ルヴァンカップのチーム別優勝回数

チーム優勝回数
鹿島6
東京V
FC東京
3
磐田

浦和
千葉
G大阪
2
清水
横浜FM
大分
C大阪
湘南
川崎
1

ルヴァンカップの優勝回数が最も多いのは、「常勝軍団」の異名をとる鹿島

なお、鹿島の優勝回数が多いのは、他の国内3大タイトル(J1リーグ、天皇杯)でも同じです。

ルヴァンカップの歴史

ルヴァンカップの歴史はリーグ戦より古い

第1回Jリーグカップ(ルヴァンカップ)が開催されたのは、1992年

Jリーグ(リーグ戦)の開始が1993年ですから、ルヴァンカップは、実はJリーグ(リーグ戦)よりほんの少しだけ古い歴史を持っています。

ただし、開催回数自体は、Jリーグ(J1リーグ)と同じ

というのも、本来なら第4回になるはずだった1995年に、大会が開催されなかったからです。

1995年が未開催となった理由

1995年にJリーグカップが未開催となった理由は、Jリーグ(リーグ戦)の日程にあります。

当時のJリーグ(リーグ戦)は2ステージ制で、ステージごとにホーム&アウェーの2回戦制を実施していました。

現在のJリーグは、1年を通してホーム&アウェーの2回戦制ですから、2ステージ制で、ステージごとにホーム&アウェーの2回戦をやるとなると、単純計算で試合数は現在の方式の倍になります。

異常としか思えない方式なのですが、きちんと理由はあるんですね。

というのも、始まったばかりのJリーグは、まだ現在ほどチーム数が多くはなかったのです。

草創期のJリーグはチーム数が少なかった

現在のJリーグには、

  • J1リーグ:18チーム
  • J2リーグ:22チーム
  • J3リーグ:15チーム+α

と、50チーム以上が参加していますが、開幕直後の1993年や1994年のJリーグはもっとチーム数の少ないリーグでした。

Jリーグ草創期のチーム数
  • 1993年:10チーム
  • 1994年:12チーム

そのため、

  • 2ステージ制
  • ステージごとにホーム&アウェーの2回戦制

という常識外れに思える方式も可能だったのです。

(リーグ戦の年間試合数は、1993年が36、1994年は44でした。現在のJ1リーグが年間34試合なので、それでも多いですが)

※Jリーグのチーム数について、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

>>Jリーグのクラブ数は50以上! クラブがない県もある?

リーグ戦が年間52試合となってしまった1995年

ただ、1995年にJリーグ(現在のJ1リーグ相当)の参加チーム数が14になると、Jリーグカップ(ナビスコカップ、現在のルヴァンカップ)を並行で実施するには無理がある試合数になってきました。

1995年(14チーム)の1ステージの試合数は、

13試合 × 2回戦 = 26試合

これが2ステージですから、年間のJリーグ(リーグ戦)の試合数は

26試合 × 2ステージ = 52試合

となります。

国内リーグだけで年間52試合というのは、さすがにちょっと多過ぎです。

チーム数が多いイングランドやスペインでも、年間38試合ですからね。

この状態で、並行してカップ戦まで実施するとなると、チームが疲弊し、怪我人が続出することが予想されます。

それなら、ステージごとのホーム&アウェーをやめればいいのに、という話なのですが、実際にはそうはならず、1995年はJリーグカップの方を開催しない、ということになりました。

ルヴァンカップの旧名は「ナビスコカップ」

Jリーグカップの元々の名称は、ナビスコカップ」です。

正式名称は、「Jリーグヤマザキナビスカップ」ですね。

大会が始まった1992年から2016年の途中までは、この名称が使用されていました。

正式名称からもわかる通り、冠スポンサーが「ヤマザキナビスコ」の大会でした。

ライセンス切れとなった「ナビスコ」

過去形で書いてしまいましたが、「ヤマザキ」は今も継続して大会のスポンサーです。

ルヴァンカップの正式名称「JリーグYBCルヴァンカップ」の「YBC」は、「ヤマザキビスケット」の英字略称ですからね。

ただ、「ナビスコ」の方が使えなくなってしまいました。

こちらは、アメリカの食品会社が持っているブランド名だからです。

「ヤマザキ」はこの会社とライセンス契約を結んでいたため「ナビスコ」を使うことができていたのですが、2016年8月にその契約が終了してしまったんですね。

そのため、「ヤマザキナビスコ」は2016年9月から「ヤマザキビスケット」に社名を変更。

合わせて、Jリーグカップの方も「ナビスコカップ」から「ルヴァンカップ」へと大会名称が変わることになりました。

※ルヴァンって、何? という方。こちらです。

ルヴァンカップの歴史:まとめ

本記事ではルヴァンカップの歴代優勝チームと、歴史についてご紹介しました。

優勝回数最多は、鹿島アントラーズ。

これは、実は他の国内3大タイトルでも同じだったりします。

また、ルヴァンカップの大会方式や放送・配信については、以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

今回は、以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる