ゼロックススーパーカップを徹底解説【歴代優勝クラブと結果も紹介】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ぴりおだです。

Jリーグのクラブが出場する主要な大会と言えば、次の6つ。

  1. Jリーグ
  2. 天皇杯
  3. ルヴァンカップ
  4. AFCチャンピオンズリーグ
  5. ゼロックススーパーカップ
  6. Jリーグカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦

このうち、ルヴァンカップと並んでスポンサー名が思いっきり表に出ているのが、ゼロックススーパーカップです。

サッカーファンの間で、「ゼロックス」と言えば、このゼロックススーパーカップのことを指します(少なくとも、私の周りではそうです)。

今回は、このゼロックススーパーカップについて、ご紹介していきます。

この記事からわかること
  • ゼロックススーパーカップの歴代優勝クラブと試合結果
  • ゼロックススーパーカップって、どんな大会?
  • ゼロックススーパーカップはどこで放送している?
目次

ゼロックススーパーカップの歴代優勝クラブと試合結果

年度 J1優勝 結果 天皇杯優勝
1994 V川崎 2-1 横浜F
1995 V川崎 2-2
(PK4-2)
平塚
1996 横浜M 0-2 名古屋
1997 鹿島 3-2 V川崎
1998 磐田 1-2 鹿島
1999 鹿島 2-1 清水※
2000 磐田 1-1
(PK3-2)
名古屋
2001 鹿島 0-3 清水
2002 鹿島 1-1
(PK4-5)
清水
2003 磐田 3-0 京都
2004 横浜FM 1-1
(PK2-4)
磐田
2005 横浜FM 2-2
(PK4-5)
東京V
2006 G大阪 1-3 浦和
2007 浦和 0-4 G大阪
2008 鹿島 2-2
(PK3-4)
広島
2009 鹿島 3-0 G大阪
2010 鹿島 1-1
(PK5-3)
G大阪
2011 名古屋 1-1
(PK3-1)
鹿島
2012 2-1 FC東京
2013 広島 1-0
2014 広島 2-0 横浜FM
2015 G大阪 2-0 浦和
2016 広島 3-1 G大
2017 鹿島 3-2 浦和
2018 川崎 2-3 C大阪
2019 川崎 1-0 浦和
2020 横浜FM 3-3
(PK2-3)
神戸
2021 川崎    

※実際には天皇杯王者ではなく、代替出場

ゼロックススーパーカップは1994年に始まり、2021年が28回目の開催となります。

2020年までの対戦成績は、J1王者の16勝11敗。

J1王者の方が優勢な大会となっています。

ゼロックススーパーカップって、どんな大会?

ゼロックススーパーカップの正式名称は、「FUJI XEROX SUPER CUP」。

名前の通り、富士ゼロックス株式会社がスポンサーの大会(協賛)です。

富士ゼロックスは、1994年(第1回)からこの大会のスポンサーを続けており、その実績から2020年に、「同一企業の協賛で最も長く開催されたサッカースーパーカップ大会」として、ギネス世界記録に認定されています。

>>ギネス世界記録™に「FUJI XEROX SUPER CUP」が認定(富士ゼロックス株式会社HP)

ちなみに、富士ゼロックス株式会社は、2021年4月1日に社名を「富士フイルムビジネスイノベーション株式会社」に変更予定になってるんですが、ゼロックススーパーカップの名称はどうなるんでしょうね……

「富士フイルムスーパーカップ」になるんでしょうか?

日本のスーパーカップ

ゼロックススーパーカップは、ひと言でいうと日本のスーパーカップです。

と、いきなり言われても、

スーパーカップって、何?

という話ですよね。

「スーパーカップ」で検索してみても、出てくるのはアイスかカップラーメンの商品名ばかりですしね。

サッカーでいうスーパーカップとは、

レギュラーシーズン直前に行われる、前年度のリーグ戦とカップ戦の王者による大会

のことを指します。

これは、日本独自の風習ではなく、海外でも行われている大会です。

欧州4大リーグのスーパーカップは、次のようになっています。

FAコミュニティ・シールド(イングランド)

  • プレミアリーグ王者
  • FAカップ覇者

が対戦する大会。

スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン)

  • ラ・リーガ王者
  • コパ・デル・レイ覇者

が対戦する大会。

DFLスーパーカップ(ドイツ)

  • ブンデスリーガ王者
  • DFBポカール覇者

が対戦する大会。

スーペルコッパ・イタリアーナ(イタリア)

  • セリエA王者
  • コッパ・イタリア覇者

が対戦する大会。

出場するクラブは?

日本の場合、カップ戦には

  • ルヴァンカップ
  • 天皇杯

の2つがあるのですが、ゼロックススーパーカップの出場対象となるカップ戦は天皇杯の方です。

すなわち、ゼロックススーパーカップの対戦カードは、

J1リーグ王者 vs 天皇杯王者

となります。

ゼロックススーパーカップの出場対象からは外れているものの、ルヴァンカップも国内3大タイトルの1つに挙げられる、重要タイトルです。

国内3大タイトルについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

>>【サッカー】国内3大タイトルの重要度を紹介【最も重要なのは?】

J1リーグ王者と天皇杯王者が同じ場合は?

2008年までは、天皇杯の準優勝クラブに出場権が与えられていました。

2009年にこれが変更となり、現在は、

J1リーグ2位のクラブ

が天皇杯王者の代わりとして出場します。

「歴代優勝クラブ」の表で※を付けた代替クラブも、この原則に従っているのですが、1999年の清水だけは事情が違っています。

前年度(1998年)の天皇杯王者は横浜フリューゲルスだったのですが、フリューゲルスは1998年をもって横浜マリノスと合併消滅してしまったため、ゼロックススーパーカップには出場できませんでした。

そのため、天皇杯準優勝の清水が、代わりに出場しています。

ゼロックススーパーカップの開催時期

ゼロックススーパーカップは、日本におけるその年のサッカーシーズン到来を告げる大会です。

開催時期は、Jリーグが始まる直前。

Jリーグ開幕の、1週間前の週末

というのが通例です(絶対、というわけではないですが)。

具体的には、毎年2月の中~下旬ですね。

この時期が近づくと、「今年も始まるなあ」とわくわくしてくるのは、Jリーグファンの多くに共通してるんじゃないかと思います。

ゼロックススーパーカップの賞金

ゼロックススーパーカップは、優勝クラブ、準優勝クラブそれぞれに賞金が出ます。

  • 優勝 :3000万円
  • 準決勝:2000万円

国内3大タイトルの優勝賞金と比較すると控えめな額に見えますが、ゼロックススーパーカップは1試合だけの大会ですからね。

国内3大タイトルのうち、最も試合数の少ない天皇杯でも優勝までに6~7試合戦う必要がありますから、1試合あたりで考えると、ゼロックススーパーカップの賞金はかなり高額と言っていいでしょう。

国内3大タイトルの賞金額についても、こちらの記事で紹介しています。

>>【サッカー】国内3大タイトルの重要度を紹介【最も重要なのは?】

ゼロックススーパーカップの観客動員数

前年度の王者同士の対戦とはいえ、ゼロックススーパーカップは1試合だけの大会です。

それだと、やっぱり盛り上がりに欠けるのでは?

と思われる方もいるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。

2010年以降、ゼロックススーパーカップで観客動員数が3万人を下回ったことはなく、2019年、2020年は5万人を超える観客を集めています。

2010年以降の観客動員数
  • 2010年:34,634人
  • 2011年:35,964人
  • 2012年:35,453人
  • 2013年:34,972人
  • 2014年:41,273人
  • 2015年:47,666人
  • 2016年:33,805人
  • 2017年:48,250人
  • 2018年:41,803人
  • 2019年:52,587人
  • 2020年:51,397人

2020年はコロナ禍による各大会で観客制限が行われた年なのですが、ゼロックススーパーカップを開催した2月時点では、コロナ禍による観客動員の制限はまだ行われていませんでした。

ゼロックススーパーカップの放送

地上波で生中継あり

ゼロックススーパーカップは、毎年

日本テレビ系で全国生中継

があります。

地上波なので、もちろん無料。テレビさえあれば、誰でも見ることができます。

この他、有料CS放送の日テレG+で録画放送がありますが、地上波で生中継があるのに、わざわざゼロックススーパーカップのために日テレG+に加入する意味はないと思いますね。

ただ、ゼロックススーパーカップには前座に、

NEXT GENERATION MATCH

という育成年代の試合(対戦するのは、J1優勝チームのユースと、日本高校サッカー選抜)があり、こちらの中継を見たい方は、日テレG+の加入が必要になります。

日テレG+では、NEXT GENERATION MATCHを生中継してくれます。

まとめ:ゼロックススーパーカップは、日本のスーパーカップ

本記事では、Jリーグのクラブが出場する主要6大会のうちの1つ、ゼロックススーパーカップについて紹介しました。

ゼロックススーパーカップは日本のスーパーカップであり、その年のサッカーシーズン到来を告げる大会でもあります。

対戦するのは、それぞれ前年度のJリーグ王者天皇杯王者

1試合だけの大会ですが、賞金額は悪くありません。観客もかなり入ります。

地上波(日本テレビ系列)で生中継があるのも、嬉しいところです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる