【Jリーグ】歴代J1優勝クラブの勝ち点を紹介!最も多かったのは?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ぴりおだ(@perilog00)です。

Jリーグの優勝クラブって、どのくらい勝ち点取ってるんだろう?  最も多くの勝ち点を獲得したクラブって、どこなのかな?

今回は、こんな疑問にお答えします。

この記事からわかること
  • J1歴代優勝クラブの獲得勝ち点
  • J1歴代優勝クラブの軌跡
  • J1歴代優勝クラブの勝利数と敗戦数

詳しく、見ていきます。

目次

Jリーグの歴代優勝クラブ

まずは、Jリーグ(J1リーグ)の歴代優勝クラブを見ていきましょう。

1993年に開幕したJリーグの、各年度の優勝クラブは次のようになっています。

J1リーグの歴代優勝チーム

  • 1993年:ヴェルディ川崎
  • 1994年:ヴェルディ川崎
  • 1995年:横浜マリノス
  • 1996年:鹿島アントラーズ
  • 1997年:ジュビロ磐田
  • 1998年:鹿島アントラーズ
  • 1999年:ジュビロ磐田
  • 2000年:鹿島アントラーズ
  • 2001年:鹿島アントラーズ
  • 2002年:ジュビロ磐田
  • 2003年:横浜F・マリノス
  • 2004年:横浜F・マリノス
  • 2005年:ガンバ大阪
  • 2006年:浦和レッズ
  • 2007年:鹿島アントラーズ
  • 2008年:鹿島アントラーズ
  • 2009年:鹿島アントラーズ
  • 2010年:名古屋グランパス
  • 2011年:柏レイソル
  • 2012年:サンフレッチェ広島
  • 2013年:サンフレッチェ広島
  • 2014年:ガンバ大阪
  • 2015年:サンフレッチェ広島
  • 2016年:鹿島アントラーズ
  • 2017年:川崎フロンターレ
  • 2018年:川崎フロンターレ
  • 2019年:横浜F・マリノス
  • 2020年:川崎フロンターレ

歴代優勝クラブの平均勝ち点は約69.3

次に、Jリーグ(J1リーグ)歴代優勝クラブの獲得勝ち点を見ていきます。

初年度(1993年)から、と言いたいところなのですが、Jリーグ(J1リーグ)には勝ち点制を採用していなかったり、クラブ数が現在より少なかったりした時期がありました。

そこで本記事では、

J1リーグが現在と同じ18クラブで実施されるようになった、2005年以降の歴代優勝クラブの勝ち点

を紹介していきます。

歴代J1優勝クラブの勝ち点(2005年~)

年度クラブ勝ち点
2005ガンバ大阪60
2006浦和レッズ72
2007鹿島アントラーズ72
2008鹿島アントラーズ63
2009鹿島アントラーズ66
2010名古屋グランパス72
2011柏レイソル72
2012サンフレッチェ広島64
2013サンフレッチェ広島63
2014ガンバ大阪63
2015サンフレッチェ広島74
2016浦和レッズ74
2017川崎フロンターレ72
2018川崎フロンターレ69
2019横浜F・マリノス70
2020川崎フロンターレ83

2005年から2020年までの、歴代優勝クラブの平均勝ち点は約69.3

あくまで平均なので、これより低い勝ち点で優勝したクラブももちろんあります。

なお、2016年の優勝クラブは鹿島アントラーズなのですが、年間勝ち点最多クラブは浦和レッズだったので、ここでは浦和の方を採用しています。

(2016年は2ステージ制が採用されており、現在のレギュレーションと違って年間勝ち点最多クラブ=優勝クラブではありませんでした)

ちなみに、2016年鹿島の獲得勝ち点は59でした。

歴代優勝クラブの最多獲得勝ち点は83

2005年以降のJ1リーグで最も多く勝ち点を獲得したのは、

2020年の川崎

です。

勝ち点は83で、26勝5分3敗という成績でした。

これは、それまでの最高記録勝ち点74(2015年広島、2016年浦和が記録)を大きく上回る、驚異的な記録です。

2020年は、コロナ禍によるリーグ中断と過密日程があったとはいうものの、この年の川崎は圧倒的でした。

歴代優勝クラブの最少獲得勝ち点は60

2005年以降のJ1リーグで、最も少ない勝ち点で優勝したのは、

2005年のガンバ大阪

です。

18勝6分10敗という成績で、勝ち点は平均を置きく下回る60でした。

なお、敗戦数2桁で優勝したクラブは、この年のガンバ大阪以外にありません。

他の優勝クラブはすべて、1桁に留まっています。

実際には、2016年の鹿島が勝ち点59で優勝していますが、レギュレーションが違うため、本記事では2005年のガンバ大阪を勝ち点最少としています。

Jリーグ歴代優勝クラブの軌跡

ここからは、Jリーグ(J1リーグ)の歴代優勝クラブが、どのような順位と勝ち点を辿って栄冠を勝ち取ったのか、をご紹介していきます。

といっても、1節ずつの順位と勝ち点を紹介するのではものすごく長くなってしまうので、本記事ではリーグ全34節のうち、

  • 前半4分の1に当たる第9節
  • 折り返しに当たる第17節
  • 4分の3を消化した第26節

という、3つの時期について、紹介します。

歴代優勝クラブの序盤戦の状況

第9節終了時点での順位と勝ち点

年度クラブ順位勝ち点
2005G大阪613
2006浦和320
2007鹿島1112
2008鹿島318
2009鹿島120
2010名古屋219
2011122
2012広島316
2013広島714
2014G大阪149
2015広島419
2016浦和122
2017川崎913
2018川崎315
2019横浜FM815
2020川崎125

順位と勝ち点の平均値は、次の通り。

  • 順位 :4.8
  • 勝ち点;17.1

勝ち点17.1なので、おおよそ5勝2分2敗というペースです。

この段階で既に首位に立っているクラブもありますが、それほど多くはありません。

2007年の鹿島や2014年のG大阪のように、まだ2桁順位に留まっているクラブもありますからね。

この段階での順位は、それほどあてにならないと言っていいでしょう。

優勝クラブの第9節終了時点での最多勝ち点、最少勝ち点

最多勝ち点は25、最少勝ち点は9で、それぞれ次のクラブが記録しています。

第9節終了時点での最多勝ち点

2020年:川崎

8勝1分という、ハイペースで勝ち点を積み上げていました。

8勝1分ですからね。9試合で、たったの勝ち点2しか落としていません。

パーフェクトレコード目前です。

反対に、最も勝ち点が少なかったクラブがこちら。

第9節終了時点での最少勝ち点

2014年:G大阪

こちらは、2勝3分4敗という成績でした。

なお、第9節終了時点で勝ち点1桁だったクラブの優勝は、この2014年のG大阪が唯一の例となっています。

歴代優勝クラブの折り返し時点での状況

第17節終了時点での順位と勝ち点

年度クラブ順位勝ち点
2005G大阪232
2006浦和136
2007鹿島330
2008鹿島231
2009鹿島142
2010名古屋235
2011234
2012広島233
2013広島136
2014G大阪824
2015広島334
2016浦和333
2017川崎629
2018川崎333
2019横浜FM330
2020川崎144

順位と勝ち点の平均値は、次の通り。

  • 順位 :2.7
  • 勝ち点:33.5

おおよそ、10勝4分3敗というペースです。

この頃になると、さすがに2桁順位に留まっているクラブはありません。

順位の最も低い2014年のG大阪でも、8位。

2017年の川崎も6位ですが、この2クラブを除くとすべて5位以上に位置しています。

優勝クラブの第17節終了時点での最多勝ち点、最少勝ち点

最多勝ち点は44、最少勝ち点は24で、それぞれ次のクラブが記録しています。

第17節終了時点での最多勝ち点

2020年:川崎

またもや2020年の川崎です。

この年の川崎は、17試合で14勝2分1敗という、かなりのハイペースでした(2020年はコロナ禍による変則日程で、試合数と節がかなりずれています。そのため、実際には17節=17試合目になっていません)。

そしてこちらも、序盤戦と同じクラブ。

第17節終了時点での最少勝ち点

2014年:G大阪

最少勝ち点は、第9節に続いて2014年のG大阪。

7勝3分7敗という成績でした。

この時点での7敗は、優勝したクラブとしてはかなり多いです。

優勝クラブの場合、シーズン通して7敗未満というケースも少なくないですからね。

2014年のG大阪は、リーグ前半で歴代優勝クラブの1年分の敗戦を喫してしまったとも言えます。

歴代優勝クラブのリーグ4分の3消化時点での状況

第26節終了時点での順位と勝ち点

年度クラブ順位勝ち点
2005G大阪151
2006浦和158
2007鹿島348
2008鹿島443
2009鹿島150
2010名古屋154
2011253
2012広島150
2013広島247
2014G大阪446
2015広島155
2016浦和255
2017川崎252
2018川崎249
2019横浜FM348
2020川崎168

順位と勝ち点の平均値は、次の通り。

  • 順位 :1.9
  • 勝ち点:51.7

およそ15勝7分4敗というペースです。

この頃になると、さすがに全クラブが5位以内に位置しています。

リーグ戦も終盤に差し掛かっていますからね。

一方で、首位に立っているクラブはそれほど多くはありません。

優勝争いはここからが勝負、ということですね。

優勝クラブの第26節終了時点での最多勝ち点、最少勝ち点

最多勝ち点は68、最少勝ち点は43で、それぞれ次のクラブが記録しています。

第26節終了時点での最多勝ち点

2020年:川崎

最多勝ち点は、またもや2020年川崎です。

この時点で、22勝2分2敗という成績でした。

なお、既に書いた通り2020年はコロナ禍のため、試合数と節がかなりずれた時期があります。

そのため、川崎の26試合目消化時期は、第26節ではありません(ここでは26試合目時点の成績を記載しています)。

第26節終了時点での最少勝ち点

2008年:鹿島

成績は、12勝7分7敗でした。

なお、第17節時点での勝ち点が歴代優勝クラブで最少だった2014年のG大阪は、第22節からの連勝(第28節までの7連勝)などもあり、勝ち点最少から脱しています。

Jリーグ歴代優勝チームの勝敗数

ここまで、Jリーグ(J1リーグ)歴代優勝クラブの勝ち点を中心に見てきました。

ここで少し視点を変えて、勝利数と敗戦数を見ていきます。

歴代優勝クラブの平均勝利数は20.9

J1歴代優勝クラブの勝利数

年度クラブ勝利数
2005G大阪18
2006浦和22
2007鹿島22
2008鹿島18
2009鹿島20
2010名古屋23
201123
2012広島19
2013広島19
2014G大阪19
2015広島23
2016浦和23
2017川崎21
2018川崎21
2019横浜FM22
2020川崎26

2005年から2020年までのJ1優勝クラブの平均勝利数は21.2勝でした。

最多勝利数は26、最少勝利数は18で、記録したのはそれぞれ次のクラブです。

歴代優勝クラブの最多勝利数

2020年:川崎

最多勝利数も、2020年川崎です。それまでの記録23勝を大きく上回る、26勝を上げました。

歴代優勝クラブの最少勝利数
  • 2005年:G大阪
  • 2008年:鹿島

勝利数が最も少なかったのは、2005年のG大阪と、2008年の鹿島。

当然ですが、シーズン終了時点での勝ち点も低めでした(2005年G大阪が60、2008年鹿島が63)。

歴代優勝クラブの平均敗戦数は7.3

J1歴代優勝クラブの敗戦数

年度クラブ敗戦数
2005G大阪10
2006浦和6
2007鹿島6
2008鹿島7
2009鹿島8
2010名古屋8
20118
2012広島8
2013広島9
2014G大阪9
2015広島6
2016浦和6
2017川崎4
2018川崎7
2019横浜FM8
2020川崎3

2005年から2020年までのJ1優勝クラブの平均敗戦数は7.1でした。

最多敗戦数は10、最少敗戦数は3となっています。

歴代優勝クラブの最多敗戦数

2005年:G大阪

2005年のG大阪は、2005年から2020年までの歴代J1優勝クラブの中で、

  • 勝ち点
  • 勝利数

が最も少なく、

  • 敗戦数

が最も多いクラブでした。

なお、既にご紹介した通り、敗戦数が2桁に達しながら優勝したのも、2005年のG大阪だけです。

歴代優勝クラブの最少敗戦数

2020年:川崎

2020年の川崎は、わずかに3敗しか喫しませんでした。

勝ち点、勝利数が最多、敗戦数が最少というのが、この年の川崎の強さを物語っています。

Jリーグの歴代優勝クラブ:まとめ

本記事では、J1歴代優勝クラブの勝ち点と勝利数、敗戦数について紹介しました。

J1歴代優勝クラブの記録は、次の通りとなっています。

勝ち点

  • 最多(83):2020 川崎
  • 最少(60):2005 G大阪

勝利数

  • 最多(26):2020 川崎
  • 最少(18):2005 G大阪

敗戦数

  • 最多(10):2005 G大阪
  • 最少(3) :2020 川崎

なお、優勝クラブの勝ち点は2010年代後半から高めの状況が続いており、2015年以降の優勝クラブで勝ち点70を下回ったのは2018年の川崎だけとなっています。

歴代優勝クラブの平均勝ち点は、記事の中でも紹介した通り69.3ですが、勝ち点70が優勝のための一つの目安と考えておくと良さそうです。

今回は、以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる