シーズン途中からのDAZN加入がOKな3つの理由【むしろ、おすすめ】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ぴりおだです。

応援しているチームの試合は全部見たい!

というJリーグファンにとって、もはや欠かせない存在となっているのがDAZN

J1のみならず、J2、J3まで全試合中継があるのがうれしいところです。

「DAZNがないと、Jリーグ中継はまったく見られない」ということではないのですが、観戦可能な試合はかなり限定されます。

DAZNなしで観戦可能な試合については、

という記事で詳しく紹介しています。

でも、もうシーズンも半分過ぎちゃってるんだよね…… どうせお金払うなら最初から見たいし、DAZNに入るのは来年からにしようかな

気持ちはわかります。

どうせ見るなら、最初からきっちり見たいですよね。

ただ、この考え方、私はおすすめしません。

というのも、DAZNへの加入を考えているなら、たとえシーズン中であっても、すぐに実施するべきだからです。

半分過ぎどころか残り1ヶ月であっても、来年を待つのではなく、すぐにDAZNに加入した方がいいとも思っています。

理由は次の3つ。

  1. リーグ後半は「1試合の重み」が違う
  2. 金銭的なデメリットはまったくない
  3. できるだけ多くの試合を見たい

本記事で、詳しくご紹介します。

目次

1.リーグ後半は「1試合の重み」が違う

シーズン途中であってもDAZNに加入した方がいい理由の1つ目は、

リーグ後半の方が「1つの試合に重みがある」から

です。

Jリーグって、最終順位でいろいろなことが決まるんですよね。

最終順位で決まること
  • 優勝
  • 昇格・降格
  • ACL出場チーム
  • J1参入プレーオフ参加チーム

これらを巡る争いが本格化するのが、リーグ後半戦です。

というのも、リーグ後半になると

  • 上位グループ
  • 中位グループ
  • 下位グループ

がはっきりしてくるからです。

「目指すところ」が明確になる

自分の応援しているチームがどのグループに属しているかがはっきりしてくると、

残り試合で、目指すべきところ

がはっきりしてきます。

上位グループであれば、狙うのはもちろん優勝ということになるでしょう。
J2、J3の場合は、昇格争いも出てきます。

中位グループは、

  • J1ならACL
  • J2であればJ1参入プレーオフ

への出場権獲得を目指して戦うことになります。

下位グループに待っているのは、残留争いですね。
翌年のリーグ戦をどのカテゴリで戦うのかはチームの重大事ですから、どのチームも必死となります。

このように、「目指すところ」が明確になるのがリーグ後半戦です。

ACLの出場権獲得や、昇格・降格(J1参入プレーオフ含む)参加の条件については、こちらの記事で紹介しています。

1試合の「重み」

「目指すべきところ」が明らかになると、1試合1試合の重みが違ってきます。

その試合に勝つことによって、「目指すところ」にどれだけ近づけるのか。
あるいは、負けてしまうとどれだけ遠ざかるのか。

そういったことが、よりはっきりとわかるようになるからです。

そしてこの「重み」は、サッカーを観戦する上での重要な要素となります。

サッカー観戦に重要な要素

次の2つの日本代表の試合を、考えてみてください。

  • 特に何かがかかっているわけではない、国際親善試合
  • 勝てばグループリーグ突破が決まる、ワールドカップの試合

どちらを観戦したいですか?

私なら、考えるまでもなく後者を選びます。おそらく、ほとんどの人が同じでしょう。

理由は、「後者の方が、1試合の重みが大きいから」

この例は少々極端ではあるものの、本質的なところに変わりはありません。

すなわち、

「1試合の重み」は、サッカー観戦を楽しむ上で重要な要素

となるのです。

「重み」が大きいほど、サッカー観戦は楽しい

先ほどの例からも明らかなように、重みが大きいほど、サッカーの試合は魅力は高まります。

ですから、リーグ後半の方がよりサッカー観戦を楽しめるようになるのです。

シーズンも半分過ぎちゃったから、DAZN加入は来年からにしよう

という考え方では、せっかく盛り上がってきたJリーグをみすみす見逃すことになってしまいます。

もったいないと、思いませんか?

\初回1ヶ月無料!/

DAZNに加入する

2.金銭的なデメリットはまったくない

シーズン途中であってもDAZNに加入した方がいい理由の2つ目は、

金銭的なデメリットが、まったくないこと

です。

DAZNは月単位の契約なので、シーズン途中からの加入でも余計な費用を支払う心配はありません。

見た分(加入していた期間)だけ、費用が発生します(当たり前ですが)。

でも、Jリーグって確か12月までだよね? そこから次のシーズンが始まるまで(シーズンオフ)の期間が、無駄になっちゃう気がするんだけど……

心配ありません。

DAZNは、ネットで非常に簡単に解約ができます。

ですから、

シーズン終了とともに解約し、次のシーズンが始まるときに再び加入

という手を使えば、シーズンオフの期間に無駄な費用を払う心配はなくなります。

実際、私もこの手を使っていました。

3.できるだけ多くの試合を見たい

シーズン途中であってもDAZNに加入した方がいい理由の3つ目は、

応援しているチームの試合が、多く見られる

です。

そんなの当たり前だろ!

と思われるかもしれませんが、意外にこういうシンプルな動機が重要だったりします。

応援しているチームの試合は、1試合でも多く見たいですよね?

それならシーズン途中であったとしても、今すぐ加入するべきかと。

たとえ残り1試合であったとしても、今シーズンのうちにDAZNに加入しておいた方が、来年加入するよりも多く試合が見られますからね。

\初回1ヶ月無料!/

DAZNに加入する

まとめ:シーズン途中からでも、DAZN加入はおすすめ

というわけで本記事では、

今すぐDAZNに加入した方がいい3つの理由

について紹介してきました。

  1. リーグ後半は「1試合の重み」が違う
  2. 金銭的なデメリットはまったくない
  3. できるだけ多くの試合を見たい

なお、シーズン頭(リーグ戦第1節)から試合を見ることができれば、それがベストだと個人的には思っています。

チームの軌跡を追うことができますからね。

ただ、シーズン途中からのDAZN加入はやめておいた方がいいか、というと、そんなこともないかと。

本記事でも紹介した通り、リーグの盛り上がりはむしろ後半の方が大きいですからね。

シーズン半ばを過ぎていたとしても、おいしいところはいただけると思います。

\初回1ヶ月無料!/

DAZNに加入する

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる